ふじみ野のメンズ美容室、男性のためのリラクゼーション理容室 川越、富士見市の方もぜひお越しください!

アイロンパーマ応用テクニック

Clover Beauty Blog

アイロンパーマ応用テクニック

CLOVER Men‘s Hair catalog vol,3



2年くらい前に『いつまでもパンチ』という記事を書きました。

これがですね〜。


かなりの反響がございまして、現在アイロンパーマをかけられるサロン様も少なくなっており、アイロン難民のお客様から多数問い合わせ、来店をいただいております。




最近は、フェードカットなどの流行もあり、


『濡れパン』

なんてのも流行っているそうで。


最初何かな?と思ったけど『濡れてるパンチ』=『濡れパン』だそうですね。


まったく!ちょっといやらしいこと考えちゃったじゃないか…



と下ネタ一直線には急ブレーキをかけまして、本題に入ります!


先程出てきた『濡れパン』


これは、歴としたパンチパーマです。




もちろんクローバーもできますんで、『濡れパン』やりたかったらきてください




しかし。



しっ!かーーーし‼️

私は流行のスタイルだからと、『濡れパン』をやってほしいわけではないのです!



望んでいることは、アイロンパーマが特別なパーマではないということをみなさんが理解してくれる世の中になることです。




直毛で硬い毛に悩まされている方々が、簡単に希望の髪型にセットできるサポートテクニック。それこそアイロンパーマの魅力!


そして自然であるということ!


是非この技術の良さを知っていただきたいので、細かくブログに記します!



今回のモデルは、Yさんにお願いいたしました。



【 特徴 】

直毛

サイドの毛が横に生えて立つ

生えぐせで思い通りの方向にながれない




Yさんも、今までパーマはかけたことあるけどアイロンは初体験ということで、前回施術どきに、不安を払拭するように細かく説明させていただきました。


今回アイロンパーマでリピートですので、ちゃんと価値を理解していただけて嬉しい限りです!



では、始めます。

3ヶ月前にかけたアイロンが、毛先にゆるくカーブとして残っています。

はじめに仕上がりを想定して、全てカットを終わらせます。

毛先のパーマがとれて総立ち状態です。

薬を準備します。


クローバーのパーマには全て、毛髪強化トリートメントを使用しての施術となります。これにより狙い通りの確実な結果が得られるようになりました。

このように、パーマをかけるところに薬剤を塗布いたします。


感単に説明すると、この薬剤でお客様の髪の形状をリセットさせます。(直毛であれ、ゆるいクセだったり)



そして、アイロンでの癖付けを受け入れる毛髪の状態にします。

この薬剤は少し加温します。(5分〜10)


これも技術者の判断で、毛質とダメージを考慮して無駄なダメージをかけないようにします。

薬を流して、アイロンをかける前の状態です。


仕上がりを想定した方向に流れを持っていきます。

この3本のアイロンでつくっていきます。


上の2本がカールを作るアイロン(大と中)


下が根元の矯正、クセをのばす、膨らみを収めるなど多用途に使います。



Yさんへの使い方は、様々な方向に生えている毛を、流したい方向へ根本付近で曲げる。


ふくらむ両サイドの毛を寝やすいように根元を矯正。


毛流れのベースを作ったのち、カールアイロンで求めるカールを想像して巻く。


巻き上がりがこちら


↓ ↓ ↓

マジかよ‼️

まっ。まじかよ‼️

ゴッリゴリのくっるくるやんけ!

わかります。わかりますよ。



ここが一番不安マックスオリックス状態のピークです。




しかし!安心してください。



私もプロですんで。

『プロ』ですんで❗️

ここで2剤をつけます。


これはこの形を髪に記憶させる薬剤となります。


もちろんこちらにも毛髪強化トリートメントを使います。


こんな感じで泡びたしにして、しっかりと薬剤を5分間反応させます。



放置後流した状態がこちら!

あれ?

なになに?ソフトなパーマだっけ〜?


これがアイロンの凄さ!



ナチュラル感です。



では乾かして、ワックスでもつけましょう❗️



ただ乾かすだけでいいです。ホントに!

めちゃくちゃ良くないっすか❣️

あんなにまっすぐだった髪が、乾かしただけでおさまって、且つ!めちゃくちゃ動かしやすい髪に変化してるわけですよ!


細かなディティールも見ていきましょう。

うっわ!めっちゃカッコいいし❣️


自分でかけといて惚れ惚れします。まじでうまいな…


ナチュラル感を出すために毛先のカールはゆるくです。


もちが良いように根元から中間のカーブはしっかりつけます。


そういった細かな調整もできてしまうのが小手先で操れる、『こて』の魅力です




自画自賛の嵐で説明させていただいた今回のアイロンパーマ。



今まで時間をかけていた朝のセットが、乾かすだけでこんなになったら楽だと思いませんか?



僕がみなさんに提供したいのは、パーマの技術から得る『時間の余裕』です。



髪型が決まった日は気持ちよくスタートがきれます


髪型が決まっていれば、周りの見る目も変わります。


何よりご自身が気持ちのいい1日を送れます。




ぜひ、直毛や生えクセでお困りのお客様。



あなただけのパーマを体験してみてはいかがでしょうか。

このアイロンパーマの技術をいつか細かく説明したいと思っていたので、熱量つよめのブログに仕上がりました。


非常に気持ちがイイです!


ご協力いただいた、Yさん。本当にありがとうございます。



今回はツーブロックのスタイルでしたが、みなさんの求めているヘアスタイルを伝えていただければ、お役に立てると思います。

理容師として、この技術がしっかり使えることを誇りに思っていますし、それを披露するお客さんが少しずつ増えてきていることも、とても嬉しいです。

しかし、まだまだ『アイロンパーマ?』というイメージが強く根付いてしまった世の中で『あたりまえ』にするには時間とメディアの力が必要です。

まずは、クローバーのお客様から『アイロン = パンチ、アイパー』のイメージを払拭するきっかけになってくれれば幸いです



みなさんがカッコいい毎日を送れますように…

Pocket
LINEで送る

1 Star 4 既にいいねされています。
読み込み中...

Calendar

 
2021年10月
« 9月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ページトップへ戻る