ふじみ野のメンズ美容室、男性のためのリラクゼーション理容室 川越、富士見市の方もぜひお越しください!

2024-5-17

  • 神様
  • 日本人は信仰が深い

    自然信仰という考えは万物に神は宿るという考えであり、山や海、川に大地、もっと小さな石や木まで様々なものを神という言葉で思い入れ、大切に扱う考えが根付いている

    そう。それはこんなところまで

    『とんQ本店』

    『とんQ』、ふじみ野に住んでるとんかつ好きなら必ず口にしたことがあるのではないだろうか。ここのとんかつは一級品だと思う。松乃やのとんかつもうまい、和幸のとんかつもうまい、とんQのとんかつはかなりうまい。値段差2倍するので当たり前と思うかもしれないが、そこには肉の品質にプラスアルファの技術と細部に至るまでの品質の良さがある
    色んな個人店にも行ってきたが、とんQは頭ひとつ出ているのだ

    かまどで炊いたご飯、季節の炊き込みご飯や汁物、具沢山の豚汁、塩加減のちょうどいい漬物の盛合せ、キャベツの千切り、オリジナルのドレッシング、質のいい練りがらし、自分ですりおろす胡麻など妥協がないの


    そんな愛すべきとんQ。茨城旅に出かけると決めたその時から本店に行くことは絶対だった。

    筑波山を一周して疲れたカラダに肉を取り込みたい。にくにくにく!

    ついに来たぜ、とんQ本店‼️
    あれは❗️

    神様じゃねーか…

    やっぱりココはとんかつ好きにとってのサンクチュアリだったのか

    店内は少し落ち着いた暖色の灯り
    すべてをやさしく包み込む、そんな神さまの御光ようだ
    コレだよ、コレ❗️
    白金豚🐷

    プラチナポーク🐷だよ❣️

    わたしゃ人生でプラチナなんて買ったことなければ、食うのも初めてだよ


    えぇえぇ。店に来る前からこの存在はホームページで知っておりましたよ。わたしは。

    白金豚の特徴である脂の旨味を最大限に活かす為に必要なのが「低温熟成」。
    とんQでは専用の冷蔵庫でしっかりと寝かし熟成させ、食肉タンパク質を分解させて、アミノ酸等の旨味成分を十分に引き出し、白金豚の旨味を最高の状態まで持っていきます。


    引き出した旨味を逃さずとんかつに閉じ込めるために、揚げる前の下処理として行うのが低温調理。75℃程度のお湯に1〜2時間ほど湯煎して、じっくりと旨味を逃さないよう火を通し、仕上げに高温でカラッと揚げることで、衣サクサク、中のお肉はジューシーな最高のとんかつに仕上げます


    揚げる前にお湯で湯煎して旨みを逃がさないように〜。ってすげーな
    ポチ!ポチ!ポチポチポチ‼️

    プラチナ一択だろ
    ゴマをすりすりして愛おしいプラチナ様を待つ

    うっひゃーい❣️

    伝わるだろうか、この衣の立ち方と肉の質感が!

    食べる前から伝わってくる脂身と肉と衣の三位一体となったお姿が!
    「プラチナポークはぜひそのままで一口、次に塩で一口と。和がらし、刻みワサビ、粒マスタードでお召し上がりください」と

    そんな言い方してないかもしれない。ちょっと盛ったかもしれない。


    では

    実食❗️

    サクッ、カシュぅぅ…

    そういうことか…。レベルの差。格の違いってのを一口目から見せつけてくるんですね

    ピンッと立った衣が唇、歯に当たったときのさっくり感

    そのまま歯がお肉を噛んだときにほどけていくような肉質、繊維の細かさなのか、調理方法なのかヒレ肉のような歯触り、それでいてロース特有の油の旨みも併せ持ったとても繊細な味だ

    一口目は塩でいった。しっかりと肉の味を堪能するには塩がいいだろう。

    二口目は塩&からし

    うむ。別にいらない。繊細な肉の香りを消してしまい、肉の甘みを増長させることはないな


    三口目は塩&わさび

    うむ。これも違う。もっと最高のマリアージュがあるはずだ!
    そうだ!わさび醤油だ!!

    醤油を数滴肉にかける。衣ではなく肉に直に。そしてワサビをちょこんと。あぁ。これやわ…日本人が求めてるとんかつてこれやったんやわぁ。


    そうだ。ソースでも食べなきゃいけないな。

    すりおろした胡麻にソースをブレンドしてからしを少々衣につける

    いただきます

    はい。全然だめー。タダの美味しいトンカツに変わります。勿体無い。肉の香りも甘みも全部ソースが持ってきます。それくらいこの肉繊細です。ソースで食うならこの肉じゃなくていい。もっと脂身が多いロース肉にソースドベっとつけてご飯かっこんだ方がよっぽど美味しい。

    最後の一切れは、半分はワサビ醤油、半分は塩でいただいた

    白金豚。とってもおいしかった。一口一口真剣に向き合ったのでとてもいい結果が得られた。いい肉というのはやっぱり塩か醤油だな。

    しかし塩や醤油ではご飯が進まなかった。味の濃さのせいだろうか。だが、ゆっくりしっかり噛み締めるよう時間をかけて食べたため満腹中枢は刺激された。満足

    会計時、パートの方に「いつもふじみ野店行ってるんですけど、初めて筑波店きて白金豚美味しかったです!」ととんQ愛を伝えてきた
    一食2800円

    決して安いわけじゃない。かつやや和幸で食えば3回食えるだろう。
    しかしこの一食の時間の価値、このブログを書くネタにはならない。

    価値観はそれぞれ様々だが、使ったお金の価値はそれをどうつかったか、どう活かしたか、自分で納得した使い方をしたときはとても気持ちがいいものである。
    ありがとう。とんかつ神❣️
    三日間の茨城、福島の旅。ここに完結。

    記憶を辿りながらあのときの感情を思い返す

    1ヶ月以上前の記憶を…
    夕飯は初日に買ったセコマのカップ麺

    黒醤油
    濃厚醤油がうまい。やっぱりセコマは大好きだ。

    ありがとう北海道。ありがとう茨城。ありがとう福島。



    おわり

    Pocket
    LINEで送る

    1 Star 1 既にいいねされています。
    読み込み中...

Calendar

 
2024年5月
« 4月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
OZAKI'S BLOG YOKOZUKA'S BLOG KOWATA'S BLOG

ページトップへ戻る