ふじみ野のメンズ美容室、男性のためのリラクゼーション理容室 川越、富士見市の方もぜひお越しください!

山の向こう 〜近江路編〜

2023-5-25

  • 山の向こう 〜近江路編〜
  • いつもそこにある建物や風景、その景色はその人にとってあたりまえの景色で、気にもしない景色。

    僕の実家の部屋から見れる景色。
    目の前には余呉川が流れていて、その奥には集落があり、低い山に囲まれている。

    その奥には琵琶湖があるんだろうな。漠然とそんな風に思っていただけで、その景色が見たいなんて考えたこともなかった。

    昔はあたりまえだった風景も、山を登るようになって「あそこは歩けるんじゃないか?」と思うようになり、いつかひとりで帰省した時に行ってみようと。

    山の地形図を見ていると湖畔沿いに神社があると書いてある。

    どうしても見たい。それは僕の好奇心をものすごく動かすもので、今の今まで聞いたこともないところだった。

    賤ヶ岳から歩き出し、よく整備されたトレイルを歩くこと1時間。

    看板も何もない分岐だけど地形図には道がある。よく見るとキレイじゃないけど葉っぱに埋もれた道もあった。

    そんな道を駆け下りると琵琶湖にでた。

    琵琶湖の水が浸みているのか、足元の悪い路面を湖に沿って倒木を避けながら歩くと鳥居が見える。

    『有漏神社』(うろう神社)

    風で揺れる林の音、打ち寄せる静かな波の音、木々の隙間を縫うように射し込む光の中でひっそりとそこにある姿はとても神々しい。

    手を合わせて少しの間ボーッと辺りを見てた。

    そのまま尾根を登りもう6kmほど稜線を歩き山本山へ、合計2時間半ほどの山歩き。

    家に帰って今日のルートを振り返る。

    地図にあった『赤尾城』は標識も何もなかったこと。

    神社があった場所は『阿曽津千軒』という集落地が存在したこと。

    自分が生活していた風景を山から見て、とてもキレイだと思ったこと。

    山から琵琶湖に陽が傾く景色が見れたこと。

    やっぱり琵琶湖はキレイで、湖北という場所は本当にいい場所だと思ったこと。

    少しの『知りたい』があたりまえの景色に彩りをつけたり、色んな知りたいをプラスする。

    あぁ、今日もいい山歩きだった…

    賤ヶ岳古戦場の登山口

    リフトもあるよ!
    歩いても登れる。30分から1時間で頂上!
    頂上から北を見ると余呉湖
    山を隔ててすぐ琵琶湖

    北琵琶湖とか奥琵琶湖って呼ばれていて、湖畔は全て山に囲まれていて、とてもキレイな風景が残ってるんだよ!
    神社があった場所も昔は集落があったらしいんだ。
    誰一人としてすれ違わなかったよ。
    生まれた町は古墳がいっぱい
    はじめて生まれた町を山の上から見た。

    水田に張られた水がキラキラしてほんとキレイだったなー

    田んぼの真ん中にあるのが通ってた小学校
    午後の3時過ぎから歩き出したので、最後のピークから陽が沈んでいくのが見えた
    古いおうちは今も水路で洗い物したりしてるのかな?

    はじめて関西に観光に行かれる方。ぜひ京都に行ってください。
    アクセスもよく、観光インフラが整ってるので楽しめます。

    何度か関西に行かれている方は、ぜひとも滋賀に遊びにきてください。
    電車とバスでも楽しめますが、車があると沢山の素晴らしい風景と歴史に触れることができます。


    「京都?昔は行ったけどね。僕はもっぱら滋賀かな。」



    これが言えるようになれば相当な旅人になった証です。笑

    お客様でも滋賀に行ったことある方はホントに良かったとか、想像より見るとこがいっぱいあって時間が足りなかったとか言っていただき嬉しかったです。

    ぜひとも皆様、いつか滋賀を楽しんでくださいませ。



    個人ブログに書きましたが、なんか『滋賀』に行ってほしい欲が盛り上がってきたのでクローバーブログにあげました笑😆

    Pocket
    LINEで送る

    1 Star 7 既にいいねされています。
    読み込み中...

Calendar

 
2024年6月
« 5月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
OZAKI'S BLOG YOKOZUKA'S BLOG KOWATA'S BLOG

ページトップへ戻る