ふじみ野のメンズ美容室、男性のためのリラクゼーション理容室 川越、富士見市の方もぜひお越しください!

ふじみ野スープカレー

Clover Beauty Blog

ふじみ野スープカレー

おーもいでなんて〜ふり〜ほどいて〜
眩しい場所 みつめてやる〜 
ファーラウェイ〜

時は流れ〜て行くよー ふーたりーつーれて〜

えぇ、えぇ。

突然熱い気持ちになってハウンドドッグを歌っちゃいましたよ。

熱いと言ったらアレですかね。アレですね。

カレーですね。カレーですよ。


カレーっつたらスープカレーですよね。スープカレーに決まってますよね?


えっ?スープカレーを食べたことがない?

いやいやいや。ハウンドドッグ聴いたほうがいいですよ…


実はわたくし、スープカレー結構行ってるんですよ

自分で作ったりもしますし。具入れるだけですけどね

これめっちゃ美味いんですよ。ハウス食品から出してるコレ。ヤオコーには大体売ってるんですけどね。これの左側の濃厚スープの方。
オーブンで焼いた鶏肉と野菜を軽く煮込むだけでめっっちゃ旨みのあるスープカレーできるんですよ。

これマジ買いです。ハンマープライスです。
ハンマープライスじゃ値段あがっちゃうか?

違う。これの営業がしたいんじゃなかった。

本題に戻します。

皆さん。ふじみ野にスープカレーの店あるの知ってました?

知ってたんですよ。僕も知ってたんですけど、一年前くらいにできたはずなんですけど、なぜかめんどくさくて行ってなかったんですよね。ほんと何故か。

でもやっと行ってきました。

年末、最終月曜日は休みじゃなく仕事が午前中だけあって、帰り飯食ってこと思った時に「あ!スープカレー行こ」って閃いて

北海道スープカレー
『クレイジースパイス』

今はなきソヨカの跡地。トナリエに入ってるんですけどね

楽しみです!


店内はなんていうんですか。アジアンリゾートっていうんですか。
なんか凸凹してる感じですか。

メニュー表見てみましょう
スープカレーのメニューと
インドカレーのメニュー

今日はスープカレーの日なのでNOインドです

焦しトロトロポークカレーにします。

スープの味がスタンダードとMMBが選べて、MMBの方が濃厚さを感じるって事前情報で調べてあったので、今回は『MMB』を選択

着丼です。

スープカレーらしい素揚げ野菜と、大きい豚バラが2枚ぼろんと入ってます。


そして肝心なお味は…

めっちゃ美味いーーーーーーーー❗️

しっかりとした旨み、鶏白湯ような濃厚なスープ、身体から温まるスパイス感

美味いです。これはうまいスープカレーです。

好みはあるんでしょうけど、和風だしでとかのやさしい系のスープカレーではなく、しっかり旨味とスパイス、濃厚さが出てるスープカレーです。

ご馳走様でした!

ちょっとご飯がゆるゆるだったのが気になりますが日によって違う気がします。

働いてる方すべてネパールかインド系の方だったので。

この店『クレイジースパイス』
なんとなく情報で北海道の店だとは聞いていたんですけど、なんでふじみ野に出店したのか気になって調べてみました。

お客さんと話しててヒントをもらったんですが、
トナリエになってから運営が『日本エスコン』に変わっているそうで。(日本エスコンはマンション、ホテル、商業施設など都市開発、管理、運営の会社です)

エスコン?エスコンって新しい日ハムの球場の『エスコンフィールド』と関係あるんですかね?っていうか話から調べていくと、北海道ボールパークFビレッジ(球場施設全体の総称)のスタジアム部分のネーミングライツを日本エスコンが契約し、エスコンフィールドという名前で登録されています。

そういうことか!と日ハム繋がりからのトナリエの開業で北海道で人気のスープカレー屋をふじみ野に持ってきた。みたいな感じかと。

検索してくと、新庄も大好きなクレイジースパイス!みたいな記事もあったので、間違いない。と思って確信ししてました。が…

この記事を書くにあたってもっと詰めて調べてたら新しい情報が入ってきました…

新庄が大好きで、大谷翔平も食べてるカレー、日ハムファンなら誰でも知ってるクレイジースパイス

そんなクレイジースパイス。

別のクレイジースパイスでした笑

本当は旭川にあるクレイジースパイスが日ハムと繋がりがあるカレー屋さんです

何人かのお客さんに嘘ついちゃいました…めんごです。

欧風カレースタイルですね。

トナリエにあるのはこちら

http://crazy-spice.com/

このアドレスを探すのも地味に苦労しました。北海道

2004年。クローバーと同じ年に小樽で生まれたスープカレー屋さんなんですね。

ネパールorインド人の方がスープカレーに出会って、スパイスの使い方がインドカレーと似ていると感じ、北海道でお店を開いたそうです。
働いている社員さんもすべてネパールorインド系の方だけらしい。

このふじみ野のネパールコミュニティの力は住民なら気づいていると思いますが、多分、そんなネパールコミュニティ情報が耳に入ってトナリエに出店したんじゃないかと。憶測ですが。

ダナパニもクローバーの近く、小さなマンションの一階でオープンしてから着実に店舗展開していき、今ではウニクス南古谷、ウニクス伊奈、イオンタウンふじみ野、大宮、宮原、川越、拝島、入間など10店舗近く広げています。

一時期の中華系飲食店の事業展開を彷彿させる勢いですが、ダナパニの場合は着実に確実にひとつのカレー屋さんとしてレベルアップした事業戦略をしている感じがあります。
いいか悪いかの議題は別として、現代の日本のように無理のない働き方で安定して利益をあげ働くという形ではなく、数の力なのか、人件費が安いのか、休みなく働く海外の方の仕事のスタイルを見ていると、この日本で日本人が失ったハングリー精神を見せつけられているようで負けてられないなと思うことはあります。


だいぶ話はそれましたが、クレイジースパイスのスープカレーは美味い❗️これはお約束します。


時は戻れ〜ないから〜 傷〜つーいても
あの橋をわたるとき〜 なーにかがかわる


ジャスフォーユーーー❗️


センキュー❗️


Pocket
LINEで送る

1 Star 2 既にいいねされています。
読み込み中...

Calendar

 
2024年6月
« 5月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ページトップへ戻る